あなたのイベントに、人があつまる|e-moshicom(イー・モシコム)

申込コードの設定

  • HOME »
  • 申込コードの設定

申込コード機能

管理者側で申込コード機能を設定すると、申込時に申込コード入力項目が自動的に必須表示がされます。申込者の方へ、発行したコードを通知することで、申し込み者を厳密に限定することができます。ご希望の方はモシコム事務局へご相談ください。 申込コードの設定内容について、詳しくはこちら

【申込者の画面イメージ】

【主催者の見え方】

主催者はイベント管理画面のアンケート詳細ならびにダウンロードデータからどのコードを利用したか確認ができます。

●主催者管理画面

●ダウンロードデータ

申込コードの発行について

申込コードはモシコム事務局で発行が必要となりますので、申込コード名、コード種別、発行枚数、利用期間をお知らせください。

申込コード名 申込コード名を決めてください。
全角半角の入力ができます。 例)優先エントリー専用、アールビーズスポンサー枠など※管理画面内での識別に用います。サイト上では表示されません。
コード種別

いずれかを指定してください。

〇一律:申込コードを任意の文字列で発行。
・申込コードを6文字以上20文字以下の半角英数字で指定します。

〇ランダム:システム上でランダムなコードを発行します
・文字列はすべて異なります。個人ごとに専用コードとして割り当てをしたい時に利用できます。(主催者から利用者へ、個別の周知が必要となります)

・コードは一度限りの使用になります。

発行枚数

発行する枚数を指定してください。発行後の変更はできません。

※但し、コード種別が一律の場合→使用されていなければ枚数の変更は可能です。

利用期間

コード利用期間を限定する場合、開始日、終了日を制限することができます。

※設定しない場合は即時発行(すぐに使用可)されます。

・イベントの申込期限=申込コードの利用期間 とすること。

・申込期限>申込コード利用期限 とした場合 申込コード利用期限日を過ぎると申込コード入力画面は表示されなくなり、申込ができるようになります。実質縛りがなくなるので注意が必要です。


【ランダムで発行する申込コードのサンプル】

※申込コードを主催者が参加に個別にお知らせする必要があります。 ※一度使用すると、同じ申込コードは使用できなくなります。

※モシコム事務局の見る管理コンソールから、申込コードデータを再度ダウンロードすると使用済のコードは、使用日時の確認をすることもできます。

【申込者が見る画面エラーメッセージ】

※使用期限が過ぎている場合

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 2016 e-moshicom All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.