あなたのイベントに、人があつまる|e-moshicom(イー・モシコム)

チケットの設定/有料・無料

申込チケットの登録を行います

定例イベントプラン基本情報の設定が完了したら、次は、チケット登録を行います。
有料での設定(事前決済をする募集)、無料での設定(無料ならびに、事前決済をしない当日決済も含む)について、1から5の手順で登録をすすめます。
登録途中にページを閉じてしまった場合も、「チケット・申込情報」タブを押すと、チケット登録ページが開きます。

1.プラン申込定員の設定

必須項目の「参加定員」「複数種類のチケット申込」を入力してください。「追加オプション同時申込数の上限」「チケット同時申込数の上限」は任意設定となります。

プランチケット定員

①プラン申込定員(参加定員)を設定します。
②一人の申込者が一度に申込みできるチケット枚数を制限することができます。
③追加オプションの設定をした場合、一人の申込み者が一度に申込みできる枚数を制限することができます。
④複数種類のチケットを一人の申込者が申込できるかどうかの制限になります。
※②を複数枚数にした場合、もしくは④を許可した場合、登録者以外のプラン申込者がいる可能性があります。詳細設定の「代理申込設定」を許可することをおすすめします。

申込定員により、イベント規模は下記の分類で自動表示されます。
~29人
30~49人
50~99人
100~499人
500人~

2.チケットの登録

必須項目の「チケット名」「価格」「チケット定員」を入力してください。「期間」「性別制限」「年齢制限」は任意項目です。チケットの種類が複数ある場合は、「チケット追加」を押して、チケットを追加登録してください。※チケットは最大20種類まで作成することができます。

プランチケット

①チケット名を設定します。
②チケットの価格を設定します。
※事前決済、会場払い(無料)に関わらず、チケットの価格を設定してください。無料プランの場合でも無料(金額0円)の入力が必要です。※有料チケット価格は500円以上。
③チケット定員を設定します。
  チケットの発行数≧プラン申込定員になるように設定してください。
④チケット毎の申込期限がある場合に設定します。
⑤性別制限、年齢制限をしたい場合に設定します。
※この制限をした場合、申込できる方の制限がされます。複数チケット申込を可としている場合や、お子様年齢での制限をされる際には注意が必要です。

3.追加オプション(任意)・割引クーポン(任意)

●追加オプション
チケットに付帯してお申し込みいただけるオプションを入力してください。オプション登録は任意です。オプションの種類が複数ある場合は、「オプション追加」から追加登録してください。

チケットオプション追加

※オプションは最大10個まで作成することができます。
※申込者はお申し込み時に任意のオプションを選択することができます。(複数選択可)
※選択されたオプション価格は申込者の申込料金に加算されます。
※オプションの購入枚数は、枚数制限をすることもできます。(プラン申込定員設定1-③を参照)

●割引クーポン
チケット申込時に利用できる割引クーポンの設定をします。割引クーポン登録は任意です。
クーポンの登録から新規割引クーポン登録もできます。
チケット割引クーポン

 

 4.支払い方法の設定

下記で支払い方法の設定をします。「お支払い方法」の選択は必須です。
※定例イベントプラン募集ではキャンセル機能はございません。

【無料プラン】
無料プラン、有料だが事前決済をしない場合は、「会場払い (無料チケット利用)」を選択してください。

プランチケット画面無料

【有料プラン】
「事前決済(有料チケット利用)」を選択する場合、初回に限り払い出し口座の登録が必要となります。口座登録が完了しますと、事前決済を選択することができるようになります。※詳しくはこちら

プランチケット画面有料

<お支払い方法>
クレジットカード、PayPal決済・・・申込と同時に受付完了となります。
※クレジットカード、PayPal決済は必須です。
コンビニ決済・・・応募者が店舗でお支払いされると受付完了となります。

支払期限は申込日+7日後になります。コンビニ決済の場合は、申込締切日から最大1週間は入金が可能になりますので締切日の設定にはご注意ください。(募集期間中にコンビニ決済を不可にしてカード決済のみに変更することは可能です)
また、入金の有無に関わらず申込日から(「指定日基準」のプランでは指定開始日以降の申込日から)有効期間が始まります。

<ユーザー手数料>
開催日指定のイベントと異なり、ユーザー手数料は発生しません(0円固定)。
その分はシステム利用料として主催者の負担となりますのでご注意ください。

<システム利用料>
申込1件あたりの手数料は申込料金の5.15%(下限205円)+100円(税抜)です。申込金額の送金時に相殺させていただきます。利用料金についてはこちら

5.詳細の設定・各種規約設定

指定日基準の有効期間の場合、申込受付期間は設定をしてください。定例イベント基本ページで設定した有効期間とは異なり、あくまでも申込みが可能となる期限の設定です。

(例)定例イベント基本ページで「有効期間」を「2017/4/1~2018/3/31」という設定にした場合、2017/6/1に申し込んだ申込者は2017/6/1~2018/3/31までが「有効期間」となります。申込受付期間を設定しないと、この定例イベントへ申込ができる期間は有効期限の最終日(2018/3/31)となります。有効期間当日まで申込が出来ます為、トラブルの原因となる恐れがございます。ご留意ください。

プランチケット画面締切日

その他詳細設定について

定例イベントチケット詳細

①定例イベント募集プランでは代理申込が可能です。
許可すると、お申し込み時に本人以外のメンバーの登録が行えます。詳しくは代理申込についてのヘルプをご覧ください。
②イベント申込があった場合、主催者に対しメールを通知します。

③<日割りについて>指定日に於いて、日割り計算がされます。
日割り・・・主に年度更新、月更新がされるメンバー募集型にて日割り計算機能があります。「有効期間」を指定日として、日割り設定をされる場合、注意が必要です。

④<チケット代金以外の費用について>定例イベント募集プランでは、申込料金以外の費用を設定することが可能です。
初期費用・・・初回申込時のみ請求する費用がある場合に設定してください。
その他の費用・・・例えば、事務手数料、登録代行料、発送費など費用名と金額を設定することができます。

⑤申込者リストを公開する場合に設定します。
⑥イベント申込者の人数を公開する場合に設定します。
⑤⑥の表示イメージはこちらを参照
⑦RUNNETで募集をかけている大会エントリーをした方のみがイベント申込ができる制限をかける場合に設定します。チェックをするとTOTAL RACE IDの入力画面が表示されますので、RUNNETで公開している大会情報のTOTAL RACE IDを確認して入力します。

連携設定

【RUNNET画面】TOTAL RACE IDの確認方法
RUNNETRACEID

※RUNNET申込をしている事が条件となります。RUNNETでお仲間・家族エントリーをしている場合は、代表者(代行エントリーをした本人)が申込をしてください。(エントリーされているメンバーの方の会員IDでは申込が出来ません)

 

※チケットは最大20種類まで作成することができます。
※申込者は1回の申し込みでチケットのいずれか1つを、同時申込枚数まで申し込むことができます。
※複数種類のチケット申込を許可した場合は、申込者は他の種類のチケットを買い足すことができます。ただし同じチケットを複数回に分けて買い足すことはできません。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

主催者ヘルプ

よくある質問
PAGETOP
Copyright © 2016 e-moshicom All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.